【パラフィン切片法】

2014-02-24

光学顕微鏡で観察するための試料が大きすぎる場合、試料を切り出して観察することが必要です。

また、生体試料の場合、放置しておくと変型・腐敗などが進むため、新鮮な状態で固定を行う必要も出てきます。

試料をパラフィンに包埋した上で、パラフィンブロックを薄く切り出して作ったパラフィンリボンをプレパラートの上に載せた後に、パラフィンを除去し染色をして、永久プレパラートとして封入するという方法があり、これをパラフィン切片法といいます。