7月, 2014年

【コンタミへの対策は?】

2014-07-31

コンタミは完全に防ぐことができませんが「できる限りの対策を行い、コンタミを減らすこと」「起こってしまったコンタミを早期に発見すること」が重要となります。

特に、製品・部品のコンタミを見逃したまま出荷してしまうと、その製品・部品を使用して作られる他の製品の強度・信頼性などが損なわれることになるため、できるだけ早い段階での発見が必要です。

さらに、実際に起こったコンタミの事例を分析し、今後に活かす必要もあります。

【産業界における「コンタミ」とは?】

2014-07-28

産業界で「コンタミ」という言葉は「加工された金属・非金属部品で加工後に残留する付着異物」のことを総称するもので、加工により生じた金属のクズ、油脂、繊維など様々なものが考えられます。

製品や部品としての信頼性・耐久性などを保つために、コンタミを測定し除去するためのシステムが開発されています。

マイクロスコープで製品・部品を観察・撮影する方法の他、製品・部品を洗浄液で洗浄し、その液中にコンタミを捕獲するという方法も行われていますが、後者は品質管理の精度としてやや劣ると言われています。

【マイクロスコープレンズで撮影された「クモ」】

2014-07-24

2014年6月26日、ウォール・ストリート・ジャーナルで、マイクロスコープを使って撮影された「クモ」の写真が掲載されました。

鮮明な写真が得られたのは、撮影者であるホルヘ・ファルデルス氏の丹念な焦点合成作業によるものとのことで、その根気強さと努力には頭が下がる思いです。

とはいえ、日常的に行われる非破壊検査等の場面で、ファルデルス氏のような丹念な作業を行うことは難しいため、優れた焦点合成ソフトが必要となりますね。

【水銀灯】

2014-07-17

水銀灯は、ガラス管に水銀蒸気を封入し、その中でアーク放電を発生させることで光を得るタイプのものです。

光を得るための水銀灯は「高圧水銀灯」というタイプのもので、低圧水銀灯は明るくするためというよりも、発生する紫外線によって殺菌、オゾン発生、樹脂硬化、分光分析などを行うために用いられます。

水銀灯は演色性が劣るというデメリットがあり、その点を補うためメタルハライドランプ、高圧ナトリウムランプなどが使用されることが増えています。

【光学顕微鏡と照明装置(その2)】

2014-07-10

顕微鏡の光源は、外部の光の影響を受けることのないようなものであることが、望ましいでしょう。

なぜなら、外部の光が観察するものに照射されることによって、映し出される色や形状が本来の姿とは異なったものとなる可能性があるためです。

同じ理由で、均一でない照射状態を持つ照明や、安定していない光源を使用することで、観察している範囲内に光ムラなどができたり、観察のたびに色味や明るさが異なったりして、正しい観察結果が得られません。

【光学顕微鏡と照明装置(その1)】

2014-07-09

光学顕微鏡の性能をきちんと発揮させるためには、適切な照明装置を選ぶ必要があります。

照明装置が備えているべき条件がいくつかありますのでご紹介しましょう。

1つは「観察したい標本、観察の目的に応じて、適切な明るさの照明を選ぶ」ということで、明るすぎても暗すぎても、適切な観察結果が得られません。

また、光の色調が適切なものかという点もチェックすべきポイントで、色調については光源の種類(LEDやハロゲンランプ等)によっても変わりますので、注意が必要です。

【マイクロスコープと防振・除振】

2014-07-07

マイクロスコープに防振・除振対策が行われていないと、研究室・工場などのどこかで発生している振動が原因となり、観察結果がブレた画像として映し出されてしまう可能性があります。

もちろん、適切でないシャッタースピードで画像を撮影してしまっているなどの可能性もありますが、防振・除振対策が必要となる場合もあります。

もしも、シャッタースピードが遅いときほど、より画像が不鮮明に表示されてしまうという場合には、防振・除振対策を行うことで、トラブルを減らすことができる可能性もあります。

【防振・除振と固有振動数】

2014-07-04

防振を考える上で、各物体が「固有振動数」というものを持っていることを知る必要があります。

非常に簡単に説明すると「固有振動数と同じ周波数の振動を加えられた場合には、その物体は非常に大きく揺れてしまう」ということになります。

防振・除振を考える上で、各物体の固有振動数を把握して対策を行うことで、効果的な防振・除振対策を行うことができるようになるのです。

なお、物体の形を変更することや、材料を変えること、防振・除振装置などを使用することで固有振動数を変更することは可能です。