9月, 2015年

【カバーガラスの有無】

2015-09-30

プレパラートを作成する際、カバーガラスを用いて試料を覆うタイプの「カバーガラス標本」と、カバーガラスを使わずスライドグラスに試料をのせた状態で観察する「ノーカバー標本」とがあります。
たとえば血液など、乾燥しても観察に差し支えのない試料はノーカバー標本として観察することもできます。
逆に組織細胞などを観察する場合は、カバーガラスを用いてプレパラートを作成します。
カバーガラスの厚さは0.17mmが標準とされ、この厚みが適切であるかどうかが、観察という作業に大きな影響を与えます。

【プレパラートの保存期間】

2015-09-29

プレパラートは、観察した後に保存しない「一時プレパラート」や、数年程度の保存ができる「半永久プレパラート」、さらには「永久プレパラート」としてかなり長期の保存を目指して作成されるものがあります。
一時プレパラートは、スライドグラスとカバーガラスを水や緩衝液などで封じることが多いです。
いっぽう、観察後の保存が必要な半永久プレパラートは蒸発しにくいマウント液を使うとともにカバーガラスにも封縁処理を行います。
さらに、永久プレパラートは封入剤として固形化するタイプのものを使います。

【プレパラートとは?】

2015-09-28

観察したい試料を、スライスする、スライドグラスにのせる、カバーガラスで覆うなどの加工をして、観察に適した状態にしたものをプレパラートと呼びます。
細胞などを観察する場合、時間の経過とともに試料が変質してしまう場合があるので、何らかの方法で観察したい状態を保てるよう「固定」を行い、その後に観察に適した厚さにスライスします。
そして、薄切切片をスライドグラスに貼り付け、透明で見にくい場合には「染色」を行ってプレパラートを作成します。

【実体顕微鏡とは?】

2015-09-25

人間は、左右両方の瞳で観察することによって、観察する対象を立体的に見ることができますが、「実体顕微鏡」は、左右の光路を別々に構成し、両方の眼を使って観察することで、サンプルを立体的に見ることができるものです。
また、低倍率で観察することが多く、また試料を薄切りなどの加工をすることなく、そのまま観察するために向いています。
生体試料を観察しながら、解剖などを行う場合にも、実体顕微鏡は向いていると言えるでしょう。

【顕微鏡の種類(用途別)】

2015-09-24

顕微鏡で観察するものは、細胞・細菌などの生体試料などで光を透過するものと、金属や半導体のような光を透過しないものに大きく分けられます。
細胞や最近などを観察するものを「生体顕微鏡」といい、試料の下側から光をあてて、試料を透過した光を使って試料を観察する仕組みとなっています。
細胞や最近などはプレパラートを作成したり、培養容器などに入れて観察するといった方法を取ります。
逆に金属顕微鏡は、対物レンズと同じ側から試料に光をあて、反射した光を使って試料を観察するという仕組みです。

【微分干渉観察法とは?】

2015-09-18

細胞や生体試料などを染色せずに観察できる方法の1つとして、微分干渉観察法があります。

微分干渉観察法は、試料の厚みの変化をとらえることができるため、位相差観察法に比べて立体感のある見え方となるのが特徴です。

分解能は位相差観察法に比べても高く、微小構造の観察もできますし、大きな構造についても観察することは可能です。

ただし、プラスチック容器を用いて観察することはできません。

それぞれの観察法に特徴がありますので、観察目的等に合わせて観察法を選ぶことが重要です。

【位相差観察の長所・短所】

2015-09-17

位相差観察は、生体試料を生きたまま観察できる方法なので、細胞・生体組織などの観察において必要な方法とされています。

また、位相差観察では非常に小さな試料が観察でき、およそ1/1000λ程度の光路差があれば観察することが可能と言われています。

さらに、試料の向きによって、見え方が変わることもありませんので便利です。

いっぽうで、厚みのある試料や位相差が非常に大きな試料は位相差観察には向いておらず、位相差がおおきい試料は明暗が逆の像になるなどの可能性があります。

【位相差観察法とは?】

2015-09-16

透明な試料を観察しやすくする方法として、暗視野観察の他に位相差観察法という方法があります。

位相差観察法は、試料の中を通過した光を位相板に通し、試料で回折した光との間に位相差を作るという方法で透明な試料を観察しやすい状態にするという方法です。

明視野観察で透明な試料を観察する場合は、たとえば細胞などを染色しなければならず、細胞が死滅してしまいますが、位相差観察では染色の必要がないため、細胞を生かしたまま観察することができます。

【暗視野観察とは?】

2015-09-15

暗視野観察とは、観察する試料に斜めから光をあてることで、得られた散乱光・反射光を観察する方法で、視野自体は暗くなり、その中に試料が浮かび上がって見えることになります。

透明な試料を観察する場合、可視光の波長より小さなものを観察する場合、あるいは硝子やレンズ、鏡面体についた傷、微小な段差、異物などを検出するために適した照明方法です。

暗視野観察を行うためには、暗視野照明装置やローアングルLED照明装置などを使う方法があります。

【ドーム式照明とは?】

2015-09-14

ドーム式照明は、落射照明の一種であり、様々な方向から間接光を試料に当てる方法で、試料を照らし出すタイプの照明装置のことを言います。

柔らかい間接光で試料を照らすため、リング照明に比べてハレーションが発生しやすい物を観察するのに向いている照明方法と言え、ねじ山などの凹凸のある対象を観察したい場合に適しています。

さらに、試料の表面を均一に照らすことができるため、検出したいポイントを見つけやすくすることができます。

« Older Entries