【ルートヴィヒ・ザイデルとは?】

2015-11-04

ルートヴィヒ・ザイデルは、ドイツで1821年に生まれ、その後ミュンヘン大学で学び、さらには教授となって活躍した数学者、光学者、天文学者です。
その研究業績の中でも、1856年に収差理論についての著書を出版し、収差理論の世界に大きな貢献を果たした研究者です。
またこの著書を発表した後1874年には、連立一次方程式の解法であるガウス=ザイデル法を発表しており、ガウス=ザイデル法は、ヤコビ法、SOR法などとともに広く知られています。

カテゴリー: 光学用語の基礎知識