【コマ収差とは?】

2015-11-06

コマ収差の「コマ」とは彗星という意味があり、複数の光源が散在するような場面を撮影した場合、点状の光が映るのが理想的なのですが、光が彗星のような形に流れた像となってしまうものです。
画角を持って入射した光は、レンズのどこを通過するかということで、結ばれる像も異なってしまいます。
そのために起こる収差がコマ収差なのです。
球面収差とは異なり、単に焦点ボケるのではなく、レンズの光軸から離れる方向にずれるという特徴があります。

カテゴリー: 光学用語の基礎知識