【非点収差】

2015-11-09

凸レンズを使用している場合、特にレンズの端の方で縦線と横線の見え方が異なるようになります。
そして端の方に関しては、縦線がよく見えるようにピントを合わせると横線が見えづらく、横線にピントを合わせると縦線が見えづらいということになり、この収差を非点収差と呼びます。
絞りを絞ることや、球面であるレンズ表面のカーブを適切な値にする、といった方法で抑えることはできますが、完全に非点収差をなくすのは難しいと言われています。

カテゴリー: 光学用語の基礎知識