【像面湾曲】

2015-11-10

レンズを通して観察をするとしても、対象が平面である場合には、得られる像も平面となるのが理想的なのですが、レンズを通して得られた像が平面ではないように見えてしまうのが、像面湾曲と言われるものです。
また、中心部にピントを合わせると周辺部のピントが合わず、周辺部にピントを合せると中心部がボケて見えるという特徴があります。
対処法としては被写界深度を変えることや、感光センサーの側を湾曲させるといった方法があります。

カテゴリー: 光学用語の基礎知識