【歪曲】

2015-11-11

レンズを通して観察した像が、実際の観察対象と相似形になっていることが、理想的なレンズの条件です。
たとえば四角形のものは四角形に、三角形のものは三角形に映るということが理想なのですが、レンズを通した像が歪み、曲がってしまうために相似形ではなくなってしまうのが、歪曲(ディストーション)と呼ばれる収差です。
像が外側に向けて広がってしまう歪曲収差を「糸巻き型」、像が内側に縮んで映ってしまう歪曲収差を「たる型」と呼びます。

カテゴリー: 光学用語の基礎知識