【倍率色収差】

2015-11-18

異なる波長の成分が含まれた光がレンズを透過する際、斜めに光が入るということもあります。
その場合、波長ごとに異なる屈折率の違いは、倍率の違いとなり、色ごとに少しずつ異なる倍率の像が結ばれることになります。
レンズを通して出来上がった像は、像の周辺部分に虹のような色ズレが現れるようになり、この収差を倍率色収差(又は横色収差)と呼びます。
この収差については、軸上色収差とは異なり、絞りを調整するだけで抑えることは難しいと考えられます。

カテゴリー: 光学用語の基礎知識