【異常部分分散性とは?】

2015-11-26

色収差を抑えるために「異常部分分散性」を持つ材料を使って作られたレンズが役立つことがあります。
通常のガラスでは、部分分散(ある波長範囲内での屈折率の差異)は、波長にあまり依存しません。
しかし、波長によって部分分散が特異に変化するものを異常部分分散・特殊分散と呼んでいます。
異常部分分散性を持つガラス(Extra-low dispersion glass、EDガラス)は、色収差の少ないガラスとして数多くのメーカーが開発を行い、実用化が行われています。

カテゴリー: 光学用語の基礎知識