【ウィスカ評価試験の重要性】

2015-12-03

ウィスカが発生していないかをチェックする「ウィスカ評価試験」には、マイクロスコープによる観察が重要視されます。
ウィスカを放置してしまうと、徐々に大きくなったウィスカが、電子機器などに短絡回路を形成し、機器の故障・破損などにつながることがあります。
最近は、コンピュータを使用する企業がほとんどですが、コンピュータの近くで発生したウィスカがコンピュータの内部に入り込んで故障を引き起こすと、企業の運営そのものが妨げられます。
ウィスカの発生しそうな場所を早めに把握し、発生を早期に検知することが必要です。

カテゴリー: 光学用語の基礎知識