【目視試験に使われる機器】

2015-12-10

目視試験(VT)は、機械・装置、製品などの表面についたきずを、人間の目で見るだけではなく、マイクロスコープやCCDカメラなどで観察すること、拡大鏡・双眼鏡などで観察されることもあります。
機械・装置の表面からは見えない隠れた部分については、工業用内視鏡(ボアスコープ)などが使われることがあります。
これらの機器を使用する場合には、機器のレンズにくもりがないこと、機器の照明を適切な状態にできることを確認して、使用しなければなりません。