【非破壊検査が行われる理由】

2015-12-14

非破壊検査を行う目的の一つに、「機械・装置、製品などの信頼性を高める事」があります。
傷や欠陥を発見し、不完全な製品を世に送り出してしまわないようにすることが非常に大事であり、機械や装置が「期待された稼働時間のうち、どの程度の時間を実際に稼働したのか」を表す「信頼度」という数値を高めることに大きな意味があります。
また機械、装置が故障をして使用不能になると、その分の経済的損失が起こりますが、それを回避することも、非破壊検査の重要な目的です。
そして、機械、装置の不具合について正確に知ることができれば、製造工程を改良することも大切な目的なのです。

カテゴリー: 内視鏡などの情報