【スンプ法が使われる場面】

2015-12-18

スンプ法は機械・装置などの金属表面に表れるの異常を観察する場合に向いています。
機械・装置の一部を削ると、その運用に支障をきたす場合がありますが、スンプ法ならばそのリスクを軽減できます(スンプ法でも研磨・エッチングの過程で金属表面の数パーンセントは失われます)。
金属の劣化・変質・異物混入などをスンプ法によってチェックできるため、金属の溶接部分が正常な状態かどうかを観察するのに役立ちます。
髪の毛の表面を包んでいるキューティクルの状態や、食品への異物混入の検査にも、スンプ法が使われることがあります。

カテゴリー: 光学用語の基礎知識