【グレースケース変換(その2)】

2016-01-04

グレースケール変換を行う際、人の眼の特性に合わせて、できるだけ自然に見えるように行う方法があり、それは「NTSC加重平均法」と呼ばれています。
R,G,B要素の値を1つを取り出す方法を使うと、どの要素を取り出すかによって見た目が随分異なってしまうので、3つの値の平均値を計算して、その値で表現するのがNTSC加重平均法です。
単純な平均値を取るだけではなく、人間の目の特性に合わせてそれぞれの要素に重みづけを行うことがこの方法の特徴です。

カテゴリー: 光学用語の基礎知識