【オープニング、クロージング】

2016-01-06

2値化された画像に、縮小処理を繰り返し行い、同じ回数だけ膨張処理を行う処理のことを「オープニング」と呼びます。
オープニング処理によって、図形の凹凸部分が滑らかになる効果が期待でき、図形の周りのノイズも、小さなものであれば除去することができます。
膨張処理を繰り返した後に、縮小処理を同じ回数だけ行う「クロージング」を行うと、2値化により切断されてしまった図形をつなげることや、図形の穴埋めなどを行うことができます。

カテゴリー: 光学用語の基礎知識