【ラベリング】

2016-01-07

「ラベリング」とは、画像の2値化を行った際にできる、いくつかの白い画素の塊、黒い画素の塊ごとに、同じ番号を付けていく処理です。
同じ塊に含まれる画素に同じ番号をつけると、その塊の面積や高さが見やすく、また画素の識別がしやすくなります。
しかしながら、ノイズ除去が行われていない画像にラベリングを行うと、ノイズごとにたくさんの番号がつけられることになり、煩雑になります。
そのため、ノイズ除去を行ってからラベリングをすることがほとんどです。

カテゴリー: 光学用語の基礎知識