【マイクロスコープと画素数、画素サイズ】

2016-01-13

マイクロスコープで観察を行う場合、レンズそのものの性能だけではなく、カメラの画素数や画素サイズなどの性能も非常に大きな要素となります。
ただし「画素数が大きい=必ずしも性能が高い」とは言えず、画素数が大きくても画素サイズが小さなカメラは画像が暗く映し出されるという可能性もあります。
観察対象とする試料の大きさ、どの程度の範囲を観察しなければならないのか、といった観察の目的を明らかにし、その目的に合うカメラを使う必要があるのです。

カテゴリー: マイクロスコープ情報