【ラインセンサの特徴】

2016-01-15

ラインセンサはCCD素子が一列に並んでおり、細長い一次元的な画像が得られます。
撮影する対象と一定の距離を保ちながら、センサを動かしていくと(コピー機のセンサを想像してください)、全体としては解像度が高く、鮮明な一続きの画像が得られます。
また、円筒状の物を観察する際、筒面に沿ってカメラを動かし撮影をしていくと、高解像度な画像が得られます。
エリアセンサでは「影」が映ってしまうという問題が起こりますが、ラインセンサを円筒に沿って動かすため、影が映ってしまわないという点が大きなメリットです。

カテゴリー: 光学用語の基礎知識