【CMOSイメージセンサ】

2016-01-20

長らく撮影素子の主流を占めてきたCCDイメージセンサですが、費用が高いといったデメリットがありました。
それに比べて費用が安く、高い解像度が得られるというメリットがあるのがCMOSイメージセンサであり、現在でも携帯電話のカメラなどには主としてCMOSイメージセンサが使われるようになりました。
ただし、欠陥画素が発生する可能性がより高いのもCMOSイメージセンサであり、特に精密な観察を行いたい場面では、CMOSでも対応が可能なのかを、事前に確認する必要があるでしょう。

カテゴリー: 光学用語の基礎知識