【ダイナミックレンジとは】

2016-01-21

カメラの映像素子に飛び込んでくる光は、明るいものから暗いものまで様々ですが、映像素子が識別できる明るさと暗さの範囲のことを「ダイナミックレンジ」と呼びます。
映像にするとき、白とびを起こす寸前から黒つぶれを起こしてしまうまでの範囲と考えると分かりやすいかもしれません。
ダイナミックレンジが広いカメラで撮影した画像は、コントラストが低い印象になることもありますので、ダイナミックレンジが広ければ性能が高いカメラ、とは一概に言い切れません。

カテゴリー: 光学用語の基礎知識