【プログレッシブ方式】

2016-01-29

走査方式のうち「プログレッシブ方式」は、走査線を順番に1本ずつ伝送する方式で、インターレース方式に対して「ノンインターレース方式」と呼ばれることもあります。
画像1枚あたりの走査線数が、インターレース方式の2倍であることから、解像度の高い画像を表示することができます。
いっぽうで、動画撮影を行う場合には被写体の動きががたつくという場合もありますので、フレームレートを高くするなどの対処が必要です。
ただし、コンピュータや伝送路の性能の向上により、プログレッシブ方式を採用する機器も増えつつあります。

カテゴリー: 光学用語の基礎知識