【ゲイン】

2016-02-03

マイクロスコープ等で撮影を行うとき、カメラを通して飛び込んできた光は、撮影素子を通して電気信号に変換されます。
この際、電気信号をどの程度、増幅するかを表す数値を「ゲイン」と呼び、単位としては「dB」を使います(0dBの場合は増幅しない、ということ)。
ゲインが大きい場合は画像を明るく表示させることができますが、ノイズも同じように増幅されることになります。
そのため、ゲインを大きくさせるだけではなく、シャッタースピードや露光とのバランスを考えなければ、観察対象の実態を正しく表した撮影結果が得られません。

カテゴリー: 光学用語の基礎知識