【金属を観察したいとき】

2016-02-04

金属表面に光をあてると、強い反射が起こりますので、観察結果を表示する画面はハレーションを起こし、非常に見づらいものとなります。
そこで、偏光フィルターを用いる方法があります。
光には、様々な方向性をもつ波が含まれていますが、偏光フィルターを使用し、特定の方向にのみ振動する波だけを取りだすことで、見やすい状態に変えるのです。
なお、ハレーションについては画像処理ソフトの側で補正する機能を持つものもあります。

カテゴリー: 光学用語の基礎知識