【偏光顕微鏡は石綿の測定に役立つ】

2016-02-17

近年、人体に害を及ぼすことが知られるようになり、慎重な取扱いが求められている「石綿(アスベスト)」ですが、偏光顕微鏡は石綿の測定にもよく使用されています。
建築現場等では「石綿が存在するかどうか」が慎重に事前調査されますが、人間の目で見ても、石綿とグラスウールなどの物質との違いは、判然としません。
そこで、偏光特性を示すという石綿の性質を利用し、偏光顕微鏡で観察することによって、他の物質との鑑別に役立てているのです。