【ガラス製品の検査には偏光顕微鏡が活躍】

2016-02-18

ガラス製品の状態は、人間の目でそのまま観察をしても、内部にひずみが生じているかどうかが分かりにくいものです。
しかし、偏光顕微鏡で観察することで、ひずみが生じた部分の偏光特性が変化したことを観察することができます。
ガラス製品を加工する際、熱処理が適切に行われなければ内部にひずみが生じ、内部のひずみが放置されると、その部分の強度が弱まります。
このような、ひずみの有無を検査するために偏光顕微鏡による検査が行われるのです。