【マイクロスコープと光源】

2016-03-10

マイクロスコープを使って観察する際に、何らかの光源で視野を明るく照らす必要が出てきます。
光源にも様々な種類があり、よく用いられるものとしては、ハロゲンランプ、キセノンランプ、ノバライト、LEDなどがあります。
特にキセノンランプを使用すると、自然光で観察する場合に近い色味が得られるとされていますが、人間の目に負担がかかるというデメリットもあります。
それぞれの光源には特性があり、「どのような観察結果を得たいのか」ということに応じて、使用することが大事です。

カテゴリー: マイクロスコープ情報