【高圧水銀灯】

2016-03-22

蛍光観察に使われることがある「高圧水銀灯」とは、ガラス管に水銀蒸気を封入し、その中でアーク放電を起こして光を得る仕組みになっています。
演色性が劣ることが水銀灯のデメリットであり、メタルハライドランプ、高圧ナトリウムランプなどが水銀灯に変わる光源として使われるようになっています。
高圧水銀灯は主に光源として用いられますが、低圧水銀灯にも様々な用途があり、発生する紫外線によって殺菌、オゾン発生、樹脂硬化、分光分析などを行うために用いられています。

カテゴリー: 光学用語の基礎知識