【分光法】

2016-03-25

ある物質に光・電磁波を照射した場合、特定の波長のものは物質に吸収され、また別の特定の波長のものは物質から放出されるという現象が起こります。
吸収・発光(放出)の強度を記録した「スペクトル」は、物質によって異なるため、スペクトルを分析することで、分析したい物質がいったい何であるのかを知ることができます。
このような方法を分光法と言い、光源としてはハロゲンランプ、キセノンランプ、重水素ランプなどが用いられます。

カテゴリー: 光学用語の基礎知識