【金属製品とコンタミ】

2016-03-30

産業界においては、加工された金属・非金属部品に、加工後に残留する付着異物のことを「コンタミ」と呼びます。
そして、コンタミを放置したまま製品を出荷してしまうと、製品・部品の信頼性・耐久性が保てなくなるため、コンタミ除去の様々な技術が開発されています。
マイクロスコープで観察・撮影して検品する方法の他、洗浄液を用いて液中にコンタミを捕獲する方法などもあります。
なお、コンタミとして残留してしまうのは、加工の過程により生じた金属のクズ、油脂、繊維など様々なものがあります。

カテゴリー: マイクロスコープ情報