【実験室における無菌操作とは?】

2016-04-01

生物学などの分野で「コンタミ」という言葉が使われる場合、たとえば特定の菌の培養実験中に雑菌が侵入したケースを指し、雑菌が原因で実験結果等に悪影響が起こる場合があります。
純粋培養を妨げることのないよう、無菌操作が行われます。
バイオハザード(実験者が有害な細菌などに汚染されるケース)を避けるために、実験に携わる人は無菌操作を確実に行わなければなりません。
クリーンベンチという装置が登場してからは、無菌操作が非常に便利になったと言われています。

カテゴリー: マイクロスコープ情報