【JPG形式とは】

2016-04-05

インターネットを通して画像ファイルを送受信することの多い現代に、広く使われている画像の保存形式にJPG形式(JPEG形式)があります。
マイクロスコープで撮影した画像も、データをやり取りする相手との互換性などを考慮して、JPG形式で保存されることが増えています。
JPG形式は、画像テータを「ピクセル(点)」の集合として表現し、保存する時点では圧縮が行われるため、保存に必要な容量が少なくなる点が特徴です。
ただ、画像の圧縮の方式が不可逆圧縮であり、画像としては劣化するという点が欠点でもあります。

カテゴリー: マイクロスコープ情報