【BMP形式とは】

2016-04-07

Windows が標準でサポートしている画像保存形式としてBMP(ビットマップ)形式が知られています。
各画素の色、濃度の情報を配列したものを画像として取り扱い、色調の設定は、「白黒」の2値を指定することから、16色、256色、1677万7216色(フルカラー)までの設定が可能です。
ただし、基本的にはデータを圧縮せずに保存する形式なので、データの保存に必要な領域がJPG形式に比べて膨大になるという可能性もあります。
このデメリットをカバーするために、色数を落としてデータを保存する、圧縮するという選択をするなどの方法はあります。

カテゴリー: マイクロスコープ情報