【データ圧縮の目的】

2016-04-13

1枚の画像を画像として表現するためには、画像素子1つごとに含まれる様々なデータが、複数個(しかも膨大な数)必要となります。
そのため、画像データは容量が大きくなり、その保存には大きな記憶領域が必要とされます。
元のデータの意味を保ちながらも容量を削減する「圧縮」という処理が行われます。
とても簡単に「圧縮」の概念を説明すると「XXXXXXXXXX」というデータを「X*10」のように表現することで、保存に必要な記憶領域を節約するのです。

カテゴリー: 光学用語の基礎知識