【走査型トンネル顕微鏡(STM)】

2016-04-20

走査型トンネル顕微鏡(STM)は走査型プローブ顕微鏡の一種で、非常に小さな探針を試料に近づけ、探針と試料の間で流れる「トンネル電流」を検出することで、試料表面の状態を観察するものです。
トンネル電流とは、先端のとがった金属探針を試料に近づけ、微小なバイアス電圧を加えることによって電子が飛び移り流れる微小な電流のことです。
探針と試料の間の距離が原子1個の半分程度変わるだけでも、トンネル電流は非常に大きく変化するのです。