【非点収差】

2016-05-13

非点収差とは光軸外の1点を光源とする光がレンズに入った際、レンズに対して同心円方向と直径方向で焦点距離がずれる現象のことを表します。
つまり、光軸外から入った光に対して、像を結ぶ点が2通りあるということが非点収差の原因であり、レンズの中心よりも視野の外側ほど、収差が現れやすい傾向があります。
非点収差が生じることの原因は、レンズの材質が非均一であること、加工精度のムラ、汚れの付着などが原因と考えられます。

カテゴリー: 光学用語の基礎知識