【非点収差の補正】

2016-05-16

非点収差を補正するためには、レンズの非点収差が生じている角度と直角に、生じている収差と同じだけの非点収差を作るという方法が有効です。
このような補正を行う装置を「非点収差補正装置」と呼びます。
非点収差をそのままにしておくと、特にレンズの周辺で、本来得られるべき像よりも、縦長・横長にゆがんだ像が見えるため、視野の中心から周辺にいたるまで歪みのない像を得なければいけない場合は、非点収差補正装置が必要となります。

カテゴリー: 光学用語の基礎知識