【像面湾曲】

2016-05-17

像面湾曲は、「平面を観察しているにも関わらず、得られる像をみるとお椀の内側を観察しているかのような、ゆがんだ像になってしまう」という状態を指します。
視野の中央に焦点を合わせると、周辺部分がぼやけてみてしまい、逆に周辺部分がきれいに見えるときには中央がぼやけることになるのが像面湾曲の特徴です。
また像面湾曲と非点収差と関連が強いため、収差補正を試みると、両方の収差が関連し合って補正されることが多いです。

カテゴリー: 光学用語の基礎知識