【色収差】

2016-05-19

レンズというのは、ガラス、プラスチックなど様々な材料で作られています。
レンズに光が入ったときには、レンズの材料による屈折率の違い、そして光に含まれる様々な波長の光が、像を結ぶ際には色ごとに微妙にずれて見えてしまうという現象が起こります。
この現象のことを「色収差」と呼びます。
色収差を抑えるために、分散や焦点距離などが異なるレンズを組み合わせることで、色収差を許容範囲内におさめるという方法を使います。

カテゴリー: 光学用語の基礎知識