【球面収差の補正について】

2016-05-23

レンズを通して観察を行うと、様々な収差が現れてしまいますが、特に球面収差はすべての収差のもとになってしまう可能性があり、できる限り補正しなければなりません。
球面収差はレンズが球面であることが原因で生じる収差なので、凸レンズと凹レンズを組み合わせて補正する方法や、非球面のレンズを使用する方法があります。
なお、2枚のレンズを組み合わせたもののことを「タブレット」といい、凸レンズ、凹レンズを組み合わせたタブレットで、球面収差を補正することもよく行われています。

カテゴリー: 光学用語の基礎知識