【タブレットとは?】

2016-05-24

球面収差を解消するために役立つ「タブレット」とは、2枚のレンズを1組として構成されたものです。
2枚のレンズが離れたタイプと、接合・接着したタイプのものがあります。
球面収差を抑えるために使われるのは、凸レンズと凹レンズの2枚で構成されるタブレットです。
凸レンズを通した光の球面収差を、凹レンズで吸収することができ、単一のレンズで観察をする場合に比べ、タブレットを用いて観察する場合のほうが、球面収差が各段に抑えられることが知られています。

カテゴリー: 光学用語の基礎知識