【非球面レンズが普及した理由】

2016-05-26

非球面レンズは、その曲面を作り上げるために高い技術と、職人の労力がかかってしまうという理由で、大量生産ができない時代がありました。
しかし現在では「ガラスを溶かし、金型に流しいれてプレスする」「プラスチックレンズを利用する」といった様々な工夫がなされ、非球面レンズを作成することが、容易になりました。
非球面レンズを用いて球面収差を補正することができれば、他の収差も抑えることができるために、非球面レンズの普及はとても有意義なことです。

カテゴリー: 光学用語の基礎知識