【対物レンズと収差】

2016-06-06

レンズを通して観察する以上は、収差の問題が起こります。
対物レンズも例外ではなく、収差は生じるのですが、様々な方法とレベルで収差補正を行い、できるだけ収差を抑えるという方法がとられていいます。
またプレパラートにカバーガラスを使用する場合には、収差が生じてしまいますが、対物レンズの補正環を用いて補正することもできます。
色収差、像面湾曲収差の補正レベルによって対物レンズは様々な種類に分けられます。
収差補正は、厳密に行うほど良いというものではなく、予算の問題も出てきますので、必要なレベルの収差補正が行われているレンズを選ぶのが現実的です。

カテゴリー: 光学用語の基礎知識