【目の疲れにも注意を】

2016-06-10

顕微鏡はレンズの汚れ、収差、光軸のずれなどの様々な問題で「見えづらい」という現象が起こることもありますが、実は人間の目の側に疲れがたまっていて、見えづらくなっている場合もあります。
顕微鏡のピントがあっていない状態で、長時間、使用し続けていると目にも疲れがたまってきますので、悪循環と言っていいでしょう。
レンズの調整をするとともに、顕微鏡の眼幅調整などもこまめに行って、目が疲れにくい環境を作りましょう。