【眼幅調整の方法】

2016-06-13

眼幅調整が正しく行われている顕微鏡は、右目だけ、左目だけ、両目で接眼レンズをのぞいたとき、視野が同じように見えます。
逆に、これらの視野が違って見える場合には、眼幅調整がうまく行っていないのかもしれないので、調整を行います。
まず、接眼レンズを通して遠くを見るようなイメージで、接眼レンズを覗きます。
そして視野が1つの円に見えるように、接眼レンズの幅を調整すると、適切な眼幅に調整することができます。
なお眼幅調整に続けて視度調整も行うことで、より見やすい状況を作ることができます。