【視度調整の方法】

2016-06-14

1人1人違う目の幅に合わせて、眼幅調整を行った後は、視度調整を行いましょう。
人間の目には左右の視力の違いがありますし、顕微鏡を使う複数の人がいる場合には、それぞれの視力も異なります。
眼幅調整はきちんと行った後に、何らかのサンプルをステージにおき、視度調整環がついていない側のレンズで観察しながら粗微動ハンドルを用いてピントをあわせます。
次に、視度調整環がついている側のレンズを使って観察しながら、視度調整環を使ってピントを合わせることで、視度調整が完了します。