【開口絞りを適切に使う】

2016-06-15

顕微鏡の開口絞りは、コントラストをはっきりさせるために調整するものです。
一般的には、開口絞りを絞りすぎると、コントラストはっきりしますが分解能は悪くなります。
逆に開口絞りを開放しすぎると、分解能はよくなりますがコントラストがはっきりしなくなります。
「なんとなく、見えづらい」「コントラストがはっきりしすぎて、実物とかけ離れた状態に見えてしまう」など、コントラストに関するトラブルが起こったときは、開口絞りの状態を適切なものに変えてみましょう。