【試料の腐敗を防ぐプラスティネーション】

2016-06-17

生物の細胞、組織などを観察したい場合は、時間が経つにつれて細胞・組織などの腐敗が進む点に注意が必要です。
腐敗を防ぐための1つの手段として「プラスティネーション」という方法があり、これは標本に含まれる水分や脂肪分を合成樹脂に置き換えるものです。
細胞組織などの構成をほぼ保ったままの状態で、腐敗しない標本を作り出す技術であり、顕微鏡で観察できるほか、素手で触ることもできるというメリットもあり、注目を集めています。

カテゴリー: 光学用語の基礎知識