【染色】

2016-06-29

顕微鏡での観察がしやすいように、組織や細胞などに色素を用いて色を付ける技術のことを「染色」と呼びます。
透明な細胞組織などは、そのまま観察しても見づらいかもしれませんが、細胞質や核などに反応する色素を用いて染色を行うことで見分けがつきやすくなります。
色素として用いられるものには、たんぱく質や拡散など特定の分子と反応しやすいものや、特定の酵素と反応すると発色するものなど、様々な特徴を持つ物質があります。

カテゴリー: 光学用語の基礎知識