Archive for the ‘マイクロスコープ情報’ Category

【ハレーションを防止するには?】 

2016-05-31

光源が発する光を頼りに試料を撮影するマイクロスコープを使用していると、ある程度のハレーションは起こってしまうものです。
ハレーション防止アダプタを付けることで、できるだけハレーションを抑えるという方法があり、ハレーション防止アダプタには照明を均一なものにして、対象物をできるだけリアルに観察できる状態にする働きがあります。
ただし、ハレーション防止アダプタをつけると、その分がだけ費用がかかりますので、「本当に必要か」を検討して、入手するようにしましょう。

【ハレーション】

2016-05-30

何かを撮影した際、強い光が当たった部分白くぼやけて映し出されてしまう現象をハレーションといい、デジタルカメラ特有の現象というわけではなく、フィルムを使用して撮影するカメラでも見られた現象です。
特に、マイクロスコープでは小さな試料を観察することがあるため、ハレーションが起こると試料の鮮明な画像が得られないことがあります。
マイクロスコープには、ハレーション除去機能を持つものや、ソフトウェアでハレーション除去ができるものもあり、必要に応じて選ぶことができます。

【マイクロスコープと電源】

2016-05-27

デジタルマイクロスコープを使用しているとき、何らかの理由で停電をした場合、災害が起こった場合などに、どう対処するのかをあらかじめ計画しておく必要があります。
たとえば、病院・医院などで「電源が不安定となったときでも、業務を続ける必要がある」「マイクロスコープ以外にも電子機器が多数ある」という場合は、自家発電装置の導入などを行っていることが多いようです。
その他の工場などの施設では「災害時に、業務が止まっても構わないのか」「限定的であっても業務は続けなければならないのか」を考えて、災害対策を行いましょう。

【レンズ汚れを掃除する手順】

2016-05-12

レンズのお手入れをするときは、「まずレンズについた埃・ごみを取り除く」ことからはじめます。
埃・ごみの上から、レンズペーパーでごしごしとこすってしまうと、レンズに傷がつくかもしれません。
そのため、まずは埃などをブロワーで吹き飛ばし、それでもとれなかった埃・ゴミをやわらかい小筆で取り除くようにします。
その後に、レンズペーパーを竹串の先などに巻きつけたものを用意し、レンズペーパーにレンズクリーニング液(ごく少量にします)をつけたもので、中心から円を描くように外側へとレンズを拭きます。

【レンズの掃除】

2016-05-11

マイクロスコープのレンズは、汚れたときにはその都度、お手入れをしましょう。
このとき気をつけたいことは「清潔な手と道具で掃除をしなければ意味がない」ということです。
手の汚れ・皮脂などをあらかじめ洗い落としておき、レンズ表面は直接手で触れないようにします。
またレンズを傷つけない素材のやわらかい手袋などがあれば、掃除の際に手にはめておくと良いでしょう。
レンズの掃除にはブロワー、やわらかい小筆、レンズペーパー、クリーニング液、竹串などがあると便利です。

【結露がトラブルの原因に】

2016-05-09

マイクロスコープは、もとあった場所から移動させて使用することもできますが、移動させる際や、長期にわたる保管の際には「温度差」が生じてしまいます。
温度差は結露の原因となります。
たとえば寒い場所で使用していた今クロスコープを、急に暖かい場所に持ち込むとレンズがくもりますが、これも結露の一種です。
レンズに生じた結露は人間も認識しやすいのですが、それ以外の場所にも結露が生じていることもあり、このようなとき、むやみに電流を流してしまうと電気系統のトラブルの原因となります。

【カビはマイクロスコープの大敵】

2016-05-06

マイクロスコープのレンズにカビが生えると、試料を観察した際の「見やすさ」が徐々に衰えてくるだけではなく、観察結果にカビ自体が写りこんでしまうというトラブルも起こります。
また、カビを放置していると、カビが放出する酸が原因でレンズのコーティングがおかされてしまいます。
レンズ部分だけではなく、顕微鏡のその他の部分にもカビの悪影響が出ることもあります。
特に病院の病理部や生体試料を観察しているような部署では、試料を取り扱い汚れた手でマイクロスコープを触らざるを得ない場合もあるでしょう。
そのため、カビには注意しましょう。

【PNG形式とは】

2016-04-08

PNG(ピング、Portable Network Graphic)形式は、GIF形式が抱えていた特許使用の問題をクリアすることを目指し、インターネット上での利用を目的として開発された保存形式です。
画像データは圧縮して保存されますが、劣化が少ない方法が選ばれています。
そのためJPEG形式に比べデータ容量が大きくなりますが、フルカラーに近い画像を得ることもできます。
またPNG画像の表示ができないソフトウェアは、もはやそのシェアを狭めていますので、互換性という点でも問題は減っていくでしょう。

【BMP形式とは】

2016-04-07

Windows が標準でサポートしている画像保存形式としてBMP(ビットマップ)形式が知られています。
各画素の色、濃度の情報を配列したものを画像として取り扱い、色調の設定は、「白黒」の2値を指定することから、16色、256色、1677万7216色(フルカラー)までの設定が可能です。
ただし、基本的にはデータを圧縮せずに保存する形式なので、データの保存に必要な領域がJPG形式に比べて膨大になるという可能性もあります。
このデメリットをカバーするために、色数を落としてデータを保存する、圧縮するという選択をするなどの方法はあります。

【TIFF形式とは】

2016-04-06

TIFF(ティフ、Tagged Image File Format)形式は、複数のアプリケーションソフト、異なるOS の間でも画像を使用できることを目的として開発された形式です。
画像データを解像度、色数、符号化方式が異なる形式で1つのファイルにまとめて格納できます。
また、およそ1677万色の階調を持っており、色調を繊細に表示できることが大きな特徴です。
しかし、JPG形式に比べてファイルの保存の際には大きな領域を必要とします(データの圧縮を行わずに保存するため)。

« Older Entries